お客様 各位

拝啓 

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、平成29年7月13日に弊社事業一切を取り仕切っておりました笠松大樹が亡くなり、事業継続が困難となりましたため、笠松法務事務所は廃業する運びとなりました。

皆様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。また、これまでご愛顧賜りました皆様には厚くお礼申し上げます。

なお、これまでの法務事業は提携先事務所等に引き継いで頂くこととなりました。 

突然のことで、業務の引継ぎがなされておりませんため、不行き届きの点が生じることもあろうかと存じますが、お急ぎの案件は下記連絡先までご相談ください。

皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解頂きますいただきますよう願い申し上げます。

甚だ略儀ではございますが、書中をもって廃業のご挨拶並びに事業引き継ぎのご案内を申し上げます 。

 

敬 具

 

本件に関する連絡先


助成金と就業規則が得意分野

就業規則は、英語・中国語・フランス語等の多言語に対応可能

食店、IT企業、不動産、医療業界

業種問わず対応いたします。

 


無料相談受付中

土日対応!18時以降もOK!

報酬額もお気軽にご質問ください。

TEL:011-375-9246

お問い合わせフォームからも承ります。

※電話が不在で繋がらない時は、メールからご連絡をいただけましたら折り返しご連絡いたします。

下記のメールアドレスからも承ります!


社会保険労務士 / 行政書士 笠松法務事務所は札幌を中心に北海道内はもとより北海道外も地域問わず対応しております。

厚生労働省管轄の助成金の申請代行ができるのは社会保険労務士だけです。

主に、雇用や人材育成に関する助成金となります。

助成金は、雇用や人材育成に関する事業の生産性を高め、優秀な人材を確保するために役立ちます。

将来を見据えた事業計画の資金面で役立つものなので、まずは事業主様がどのような助成金を申請することができるかを知ることが大切です。助成金は、多くの種類があり、どの要件に該当するのかを調べるには労力がかかります。

また、助成金は新設・廃止・要件の変更等が発生することが多々あるので、本業をしながら最新情報に気を配るのは大変となることもあります。本来該当していた助成金を情報不足のため逃してしまうケースもあります。

 

 ・そもそも助成金のことを知らない。

・助成金を知っているが調べる時間がない。

・助成金を活用して、新規雇用を行いたい。

・要件に該当するのがあれば助成金を申請したいので一度話を聞いてほしい。

・社内で労務を担当しており、助成金を会社に提案したい。

 

上記に当てはまることがあれば、事業主様に該当する助成金があるかをヒアリングを一度してみてはいかがでしょうか?

 

 

当事務所は、常に助成金を最新情報を収集し、事業主様のメリットとなる助成金をご提案することを得意としております。

事業主様には、本業に専念していただきながら、助成金を活用した雇用や人材育成を行い会社をより強くしていただけたら幸いです。


取扱業務

会社設立

会社設立に関わる業務をお任せください。

社会保障手続き、助成金制度、就業規則についても包括的に、ご提案いたします。

特に、会社設立時の助成金には様々な種類がありますので事業主様の現状に合った助成金をご提案いたします。

助成金

助成金を知っていても申請書類多い場合や多忙で断念するケースもあります。

ぜひ、助成金専門の社会労務士にお任せください!

社会保険手続きの代行

社会保険労務士にお任せいただくことで、各種手続きの時間コストを削減することができます。


就業規則の作成・変更

就業規則は、労使のトラブルを事前に予防し、社員が安心して働けるメリットがあります。また、助成金の申請に必要となる場合もあります。事業主様に合った就業規則を作成いたします。

許認可申請

手間と時間、不正確な書類が無くなるメリットがあります。

スピード感を持って、対応させていただきます。

相続・遺言

相続・遺言について、お悩みの方は、親身にサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

その他

ちょっとした疑問やお悩みでも、お気軽にお問い合わせください。