就業規則のメリット


就業規則

助成金を申請するには、就業規則が必要なケースがあります。

就業規則は社内だけではなく、助成金のような社外に向けても必要となる場合があります。

また、就業規則には下記のメリットがありますので合わせてご相談していただけると事業主様のメリットとなります。

 

1.労働基準法を守る!

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、事業所ごとに就業規則を作成して所轄の労働基準監督署長に届出なければならないとしています(労働基準法第89条)。人数については、常時使用していれば、パートタイム労働者も含めます。

 

2.会社のルールを明記

始業及び終業の時刻、休憩時間、休日等を明記することにより社員に安心感を与えて離職率の改善がされます。

また、会社の秩序を守る懲罰規定をルール化することができます。

就業規則があることにより組織をまとめることができるのです。

 

3.トラブルの予防

労使トラブルは時代背景と共に年々増加しております。

労使間のトラブルを予防するために就業規則が必要となってきます。

トラブルになった場合、従業員の方から就業規則のことを指摘されます。

また、労働基準監督署の調査が入る場合にも就業規則を求められます。

就業規則は、従業員だけではなく社外からも求められるので、就業規則をきちんと整備しておくと慌てることなく対応できます。

 

すでに就業規則作成済みの事業主様においても

・就業規則を見直したい。

・就業規則で改善点がないか?

等のご質問があれば承ります。


就業規則の翻訳

近年、外国人労働者が増加しており、外国人労働者に就業規則を理解してもらうことが必要です。

当事務所では、英語、フランス語、中国語等の就業規則を作成を対応しております。

ご希望の言語がございましたら当事務所にご相談ください。